webマーケティングで効果検証の方法を見直して成功させる

###Site Name###

webマーケティングにおける効果検証の目的は、『実際の効果を分析して、取り組むべき課題を見つけて次につなげる』ことです。

つまり、取り組みべき課題が見つからない検証は意味がないですし、次につながらない検証も意味がないということです。

エキサイトニュースに興味ある方、必見です。

webマーケティングの効果検証の目的は常に頭に置いておくことが大切です。

webマーケティングの効果検証の根底にある考え方がROIです。



これはReturnOnInvestmentの略で、投資に対する効果という意味です。

簡単に言えば『投資とそれに対する効果をきちんと見ていこう』ということです。


投資はもちろん利益を得るために時間やお金、労力をかけることで、効果はその結果としてどうだったかです。
つまり『過去にどの程度、時間やお金や労力をかけたらどうなったか』『今後どの程度、時間やお金や労力をかけるとどうなるだろうか』といことを意識しながら、効果を大きくするための投資の仕方を考えます。


検証の作業の中で過去のwebマーケティングデータを分析すると、何がどの程度、効果があったのかが分かります。
そのうえで、かかった費用に対して効果の高い施策をあらためて実施します。
こてを繰り返すことによって、どんどん投資対効果が上がっていくのです。



また、webマーケティングの効果検証ツールで得られる数字やレポートもそのまま出すだけで終わりにすることなく、何がポイントなのかを明確に導き出すことこそが重要になってきます。

ツールは非常に便利なので、少し設定してレポートを出せば解析した気になりますが、データを取り出して自分で加工して、その意味を見つけ出していくことこそが重要です。こういうときにはエクセルを使うと便利です。さらに、webマーケティングの分析においては、数字を羅列するだけではなく、グラフにすることによって視覚的にもイメージが具体化しやすくなります。

直観的に分かりやすくもなりますし、改善策をより効果的かつ具体的に検討することもできます。