webマーケティングの取り組み

###Site Name###

マーケティングという言葉からは、広告・宣伝のことをイメージすることもあれば、マーケティング調査をイメージすることもあります。

非常に幅広い意味を持っている言葉なので、人によって少しずつとらえ方は異なってきます。


マーケティングの目的は、『見込み顧客を見つけること。

ジョルダンニュース!が気になる方はこちらへご来訪下さい。

企業や商品やサービスを認知してもらうこと。

興味を持ってもらうこと。
そして行動してもらうこと。
』です。



マーケティングの取り組み方は、情報技術の進化とともに変わります。

特にwebマーケティングという新たな形態のマーケティングの出現により、その取り組み方は大きく変わってきました。

見込み顧客の獲得方法も、顧客を知る方法も、ブランド作りの方法も、購入してもらう方法も、すべて変化しました。

それは、webマーケティングが、個人が情報を得たり判断したりするための協力なツールとなり、生活の中に深く入り込んでいるためです。

すでに切っても切れない関係になっており、今後もこの流れは大きくは変わることはありません。

webマーケティングの出現により、企業の取り組み方も大きく変化してきました。それを裏付けるかのように、テレビや新聞などのマス媒体にかける広告費は減少傾向にあり、ネットにかける広告費は増加の一途をたどっています。

こうした時代の流れの中で、企業のwebマーケティングの形態も多種多様なものになってきていますが、その中でポイントになるのが、『企業が情報のコントロール権を失った』という事実をまず認識することです。

これまでは企業が情報を持ち、それを持っていない個人に与え、コントロールする強い存在でしたが、今はSNSに代表されるように、個人が情報入手したり比較検討のための強力なツールを手にしましたので、その立場が逆転しました。

これは、『企業ではなく個人に選択権が移った』ということを意味しています。これこそが、webマーケティングを考える上で最も重要なポイントになります。
企業から個人に選択権が移ったことにより、企業のwebマーケティングへの取り組み方も変化し、口コミの情報を活用するなど、個人の発信する情報をマーケティングに取り入れるようになってきたのです。



こうした流れの中で、最も重要なことは、『子お客となりうる人の立場に立つ』ということなのです。