webマーケティングとその対象

###Site Name###

マーケティングとは、一方的に何か――たとえば商品やサービスを売るためだけではなく、それを検討するための情報を与えることも含む。

勝負を仕掛けるための情報提供だ。
webマーケティングは、マーケティングの方法を大きく変えた手法のひとつと言っていいであろう。


インターネットの爆発的な普及により、人々は検索することに大きな労力をさかなくてよくなった。つまり逆に、マーケッターたちはwebマーケティングについて大きな労力を裂く必要ができた。

NAVERまとめ情報について考えます。

webマーケティングを無視してはマーケティングができない時代となったのだ。


簡単に発信できるがゆえに、その情報を研ぎ澄まさなければ、対象にリーチすらしなくなってしまう。

雑多な情報をくぐりぬけ、対象となる者に検討材料を届けなければならない。
しかし逆に、webマーケティングに頼らないという考え方も相対的に発生する。



インターネットを使わない層、また、そこでの情報を重視しない層である。インターネットが携帯電話を介して存在感をますます増大させている現代においてはニッチな人々であるが、webマーケティングに影響を受けない層という意味では囲い込まれており、情報が届けば心を射る可能性は高い。
webマーケティングのみでなく、新聞などの印刷媒体、テレビなどの電波媒体がマーケティングのカテゴリとして根強く残り続けるであろうことは、今後更に存在感を増すであろうwebマーケティングの陰影として確実である。

だが、webマーケティングの対象者はますます増えていくであろう。
今まではwebマーケティングの弱点であった高齢者層がITに親和性をもつ団塊ジュニア年代に移行してゆき、興味のある事象や商品を携帯電話で検索、購入をすることに違和感がない者がほとんどになるであろうことは想像に難くない。



ますます増えていくインターネット使用方法の多様性に、マーケティングは刻々と対応し、活用していかざるをえないのは確実である。